公開履歴
    株式のグラフ

    仕手株として狙われやすい銘柄にはいくつかの特徴があります。
    まず、仕手筋が狙うのは株価が操作しやすい銘柄であることが必要条件の一つとなります。
    それとともに、注目を集めやすいことも条件の一つと言えるでしょう。
    これらの条件を考えていけば、仕手株になりいやすい銘柄の特徴が理解できると思います。
    株価を操作するためには、流動性があまり高くないことが必要だと考えられます。
    大型株を動かそうと思うと大きな資金が必要になりますから、仕手株としては好まれません。
    どちらかというと時価総額の小さいものが狙われるわけです。
    二部市場の銘柄や新興市場の銘柄、あるいは一部市場の銘柄であっても時価総額の小さいものが多く、「ぼろ株」と言われるような銘柄が狙われやすいです。
    仕手株が上昇する局面では空売りの踏み上げが行われることが多いです。
    急激な上昇に対して逆張り投資家が空売りを行い、空売りを集めた上で一気に買い上がれば踏み上げによって買い注文が発生します。
    これも株価操作の基本的な手法だと言えるでしょう。
    そのためには市場で空売りができることは前提条件の一つとなります。
    つまり、貸借銘柄の方が仕手株になりやすいのです。
    貸借銘柄なのかどうかは証券会社の情報を見ればすぐに分かることです。
    業績が一方に偏っていないものも特徴の一つです。
    買い注文も売り注文も集めて取引を活発にさせなければなりませんから、業績が良すぎる企業も悪すぎる企業も適していません。
    そこそこの業績があって、上がるかも知れないし下がるかも知れないといった銘柄が仕手株になりやすいという傾向はあります。
    つまり、良い材料も悪い材料もあれば買い手も売り手も集めやすいために、このような銘柄が狙われるのです。
    これらのことから、仕手株に惑わされないためにもトレーダーズブレインマーケットなどから助言をもらうことも考えてもいいかもしれません。
    自分だけで判断が難しい場合は様々なところから情報収集するようにしましょう。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索